学校での出来事

2018年7月の記事一覧

救命救急法を行いました。

7/23(月)・24(火)救命救急法を行いました。

 

 本校では1・2年生の運動部員を対象に須賀川消防署長沼分署の署員さんを講師に救命救急法を行っています。今年度は、運動部の他に体育委員、保健委員の生徒も参加して、一次救命処置の心肺蘇生法とAEDの使い方について学びました。

 

【参加生徒の感想(一部)】

・AEDの使い方を学び、もしも部活動や日常生活で人が倒れていたら、積極的に行動しようと思いました。人の命を大切にしようと思いました。

(2年 テニス部)

・心肺蘇生やAEDの使い方を詳しく知ることができました。本日の講習会を生かし、もし道で倒れている人などがいたら、積極的に助けようと思います。

(2年 体育委員)

・胸骨圧迫が5㎝ほど押すのがとても大変でした。AEDは使い方がむずかしいと思っていましたが、思いのほか簡単だったので、もし目の前で倒れた人がいたら、率先して助けたいと思いました。

(1年 卓球部)

・人が倒れていたとき、誰かが助けてあげるだろうと考えるのではなく、自分がやらないといけないと思いました。 

(1年 テニス部)

 

 

 

 

 

7/18 薬物乱用防止教室を行いました。

7/18 薬物乱用防止教室を行いました。

 

  県中保健福祉事務所の方を講師に薬物乱用防止教室を行いました。危険ドラッグの

 怖さ、薬物乱用が危険な理由など、専門的な立場から詳しく話していただきました。

 

 【生徒の感想 一部】

  ・改めて薬物は危険な物だと思いました。なぜ使ってはいけないのかということを

   詳しく教えていただきました。わたしが印象に残ったのは、動画にもあったよう

   に幻覚の怖さ、たった一度使用しただけで自分の将来をダメにしてしまうという

   話です。大切な人生を薬物なんかでダメにしたくありません。

                                 (2年女子)

 

  ・薬物乱用防止教室で学んだことは、覚せい剤やMDMAなどの危険ドラッグは

   一度使用しただけで、止められなくなってしまうということです。いくら自分

   の意志が強いからといって、自分では絶対に止められないということを聞き、

   改めて危険ドラッグの恐ろしさがわかりました。もし友達から誘われても絶対

   に断ることが大切だと思いました。

                                 (2年男子)

7/18ヘルスレター第10号配布しました。

 今回のヘルスレターは、夏休み中の生活で留意してほしいことを載せています。

生活のリズムをくずさないようにして、心もからだも健康で充実した夏休みを過

ごしてください。2学期にまた元気な姿で登校することをたのしみにしています。

 

★保護者の方へお願い★

 歯科の治療や視力の再検査が必要な人は夏休み中に受診をお願い

します。

 2学期になると、長沼ねぶた、日高見祭、修学旅行や遠足と行事が

続き忙しくなります。夏休みが治療や検査を受ける絶好のチャンスです。

治療や検査を終えて2学期をむかえてほしいです。

 

高校野球全校応援

会津球場にて野球の全校応援が行われました。

みなさんお疲れ様でした。

みんなで熱いエールを送ります。

力投するエース大樹君です。

キャプテン翔君です。かっとばせー!!!

 

 

 

7/9 ヘルスレター第9号を配布しました

7/ 9 ヘルスレター第9号を配付しました。

 11日(水)は、高校野球県大会の全校応援です。暑い中での応援が予想されますので

「熱中症」について載せています。

 野球部の練習のがんばりはもちろんのこと、太鼓や応援歌の練習も放課後を利用してがんばっていました。長高生が一丸となって応援に参加できるよう体調を整えておきましょう。当日は、こまめな水分補給ができるよう、水筒やペットボトルを忘れずに!!また、汗を拭くためのタオルも準備しておくといいですね。

 

  熱中症になるのは……

 熱中症は、からだの中の熱と外の暑さが影響し合って引き起こされます。例えば、気温の高い日に運動するといつもよりからだが暑くなります。そして温度が上がりすぎると、からだの働きがうまくいかなくなり、熱中症になるのです。

 

 熱中症の応急処置も載せています。保護者の方にも一読していただけると嬉しいです。