教務部より

【学校行事】避難訓練を実施しました

 本格的な冬の訪れも目前となり、校内でも火気を使用する機会が増えてくることとなります。もしも災害があった場合、安全な避難ができるよう、11月12日(木)に防火防災避難訓練を行いました。当日は、須賀川消防署長沼分署の皆さまにもお越しいただき、具体的な指導をしていただきました。また地域住民の皆さまには、訓練放送へのご理解ご協力に感謝申し上げます。

 震度6強の地震があり、調理室から火災が発生したとの想定で訓練を行い、無事全員が避難を完了したところで、校長先生から「これからの社会を生きていく上で、自然災害は避けられない。限りある命を大切にして、生きている間に何をすべきかを考えてほしい」との話がありました。

 その後、水消火器を使用した消火活動の実演が行われました。ちなみに、消火器1本で有効な消火活動ができる距離は3~5メートル、粉末消火器の噴霧時間は15秒/本だそうです。天井までの炎、自分の背丈よりも高い炎には消火器は役に立たないとのことですので、このホームページをご覧の皆さんも十分お気をつけ下さい。

 

消火活動の実演の後は、防災に関する○×クイズを行いました。全8問すべてに正解した生徒には、素敵なプレゼントが贈られました。

 

 長沼分署の方からは、「よい避難ができたと思う。しかし、学校にいない時には、自分の判断で避難しないといけない。防災に関する理解を深めてほしい」とのアドバイスをいただきました。長沼分署の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。自分たちの周りからは火事を出さない、災害に遭っても適切に避難行動をする、ということを心に誓いました。