校長あいさつ


 本校は、昭和23年岩瀬農業高等学校定時制課程長沼分校として開設され、時代の変遷とともに歩み、昭和53年長沼高等学校として独立し、今年度創立69周年、独立39周年を迎えました。現在、普通科各学年2学級、計6学級編成の小規模校で「自律・友愛・創造」の校訓のもと、自他を敬愛し、勤労と責任を重んじ、叡智と創造性のある生徒の育成を目指しています。
 一人ひとりの個性や願い、可能性を大切にし丁寧な指導をするのが特徴であり、どの教科でも基礎・基本を重視しながら、ティーム・ティーチングや少人数編成の授業を取り入れてわかりやすい授業に努めるとともに、2・3年次には多くの選択教科を取り入れ、自分の進路や興味・関心に応じた授業を受けることができるように配慮しています。また、商業の科目を学習することにより各種検定資格を取得することができます。さらに、生徒たちに常に進路を意識させ、早い時期から進路意識を高めるための講演会やガイダンスを実施し、2年生では例年全員を対象とした職場体験学習を実施しています。毎年恒例の「長沼まつり」にオリジナルのねぶたを製作して参加してから27年目を迎えるなど、地域との結びつきが強い学校です。
 復興の第二ステージを迎え地域に貢献できる人づくりが進められる中、本校も第6次福島県総合教育計画の基本理念「“ふくしまの和”で奏でる、こころ豊かなたくましい人づくり」をめざし、今までの取組を継続しながら、さらに地域での諸活動参加機会を数多く設定し、生徒たちが活躍し自己肯定感を育む元気な学校づくりに努めたいと考えておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 このホームページで、本校生の活動や活躍について、みなさんにお伝えしていきたいと考えていますので、機会を見つけてアクセスしていただきたいと思います。そして、生徒たちにあたたかいご支援をいただければ幸いです。
                            
                          福島県立長沼高等学校長